京都万華鏡ミュージアムで手作り体験教室❗️

おでかけ

どうも、yocchy です。
KJの休日退屈度数がすんごいので、行ってきました京都万華鏡ミュージアム❗️

折り紙や工作をするのが好きなKJ。
図書館で毎回のように折り紙の本や工作の本を借りては、不器用な僕と器用な奥さんを困らせています💦

・・・どうやら不器用な僕に似たようで、作って〜とすぐに言われるのです。
 
なので今回は京都万華鏡ミュージアムに行って、万華鏡を作る体験をしてきました❗️

ミュージアム詳細

開館時間

10:00〜18:00
(最終入館17:30)

休館日

毎週月曜日
(祝日の場合は開館、翌日閉館)、
年末年始

カフェテリア

カフェメニュー 10:00〜17:00
コーヒー ・・・350円
カフェオレ ・・・380円
ウィンナーコーヒー ・・・380円
紅茶 ・・・350円
ティーオレ ・・・380円
ジュース ・・・350円
チャイ ・・・450円
ケーキセット ・・・680円
パウンドケーキセット ・・・580円

お食事メニュー 11:00〜14:00
オムライスセット(ドリンク付)・・・720円
オムライス単品・・・570円
ピラフセット(ドリンク付)・・・670円
ピラフ単品・・・520円
梅しそピラフ
エビピラフ
高菜ピラフ
カルビキムチピラフ
水/木/金限定 ヘルシー弁当(ドリンク付)
・・・720円
*ヘルシー弁当は12:00〜14:00

入館料

○大人 300 円(税込)
○小・中学生 200 円(税込)
○乳幼児無料
○各種割引制度有(お問い合わせ下さい)

※館内は身長140cm位に合わせた展示台になっています。幼児をお連れの保護者の方は必ずご一緒にご覧下さい。

※万華鏡展示ルームのみ有料。その他施設(アートギャラリー、カフェテリアスペース等)は自由に出入りできます。

※見学のみの場合も10名様以上でお越しの際は、要予約。(受入れ態勢準備の為)

想像を上回る作品の数々

僕たちはオープン時間より10分前に到着して、
オープンの10時に入りました。

一番手で他のお客さんもおらず、荷物をコインロッカーに預けて(お金戻ってくるタイプです)
入館料を払い、いざ展示ルームへ❗️
 

上の※にも書いてありますが、10人以上になると、部屋が窮屈に感じます。それくらいの広さです。

作品を多く展示するためにも通路は狭目にしてある印象も受けますし、団体で行くよりも家族や友達と少人数で行く方が向いている場所だと思いました。
 
作品はどれも素晴らしいものばかりで、これは万華鏡なの⁉️っていうものも沢山ありました。

万華鏡と言われるまでわからないような美術作品が並んでいまして、僕たちの次には外国の方々も来られていたり、大人も子どもも万華鏡を覗く目がキラキラになって、次はどんなのだろうと好奇心に満ちていました。
 
・・・ただ、お子さまがハジャイだりするのはぶつかる心配はあります。あせります💦

手作り体験教室

『いつでもできる体験教室』。ホームページにも載っている通り、お願いするとすぐに教えてくれます。

ドライタイプ(520円)とオイルタイプ(2,200円)の2種類がありまして、今回は安い方のドライタイプを体験しました。
 

子どもをパシャパシャと写真撮ってる作る手の遅いオヤジにも、不器用でお話を半分聞いていない5歳児にも優しくスタッフの方が教えてくれまして、所要時間10分くらいで作れました。

僕は2回目でしたが、奥さんとKJは初めてで、それでも教えてもらいながら戸惑うこともなくスムーズに作っていました。

その場で作らなくても、体験キットを持ち帰ることもできるそうなので、お土産にも良いかもしれないですね。

最後に

展示ルームと手作り体験教室は別の部屋になっていまして、展示ルームへのカメラの持ち込みや写真撮影は禁止になっています。
なので、コインロッカーが併設されていまして、荷物を預けて身軽に見学できます。
上にも書きましたが、100円は戻ってきます。
 
カフェは利用していないので、なんともわかりませんが、手作り体験教室と同じ部屋にありましたので、気軽に飲み食いしながら体験教室を見守る、なんてこともいいかもしれません。一緒に作る方が僕は楽しかったですが。
 
併設されている駐車場は台数が少ないので、近隣のコインパーキングを利用するのも手だと思います。
田舎者の僕には都会の駐車場は高いなぁと感じましたが、入館料と体験教室もリーズナブルなお安い価格なので、満足感は高かったです❗️
 
 
今やトミカのコースの障害物に成り下がっている万華鏡ですが💦いろんな体験をすることが良いことだ❗️
と勝手に思っていますので、これからも色々と体験や経験していきたいです。

工場見学とかも好きなので、そっちも行ってみたいな〜♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました