仮面ライダービルドの設定がスゴすぎる❗️日本が割れた❗️息子さんと視聴

テレビ


 
「さぁ、実験を始めようか」
 

どうも、yocchy です。
始まりましたね〜、仮面ライダービルド❗️
1話は期待通りの作りで、戦闘あり、笑いあり、主人公や敵の存在などの謎の提示、奇抜な設定の紹介など、視聴した僕たちの想像を超えた、想像がつかない展開を期待させる要素がてんこ盛りでした。

 

まだ5歳の息子さんには展開についていけてない感がありましたが、僕は楽しめました。

あらすじ

記憶喪失の主人公・桐生 戦兎(きりゅう せんと)が持ち前のI.Qの高さを活かし、仮面ライダーになる為のビルドドライバーとフルボトルを開発。スマッシュと呼ばれる敵と記憶を取り戻す為に戦っている。

 
10年前、初めて日本の有人探査機が火星に着陸し、謎の箱パンドラボックスを発見した。
 
だが、探査機の帰還セレモニーの最中に、何者かがその箱を触れたことで「スカイフォール」と呼ばれる壁ができ、日本列島は東都、西都、北都の3つに分断された。
 
スカイフォールの影響で、それぞれの都は独立国家となり、人間の好戦的な部分を増強させている。
 

東都で活躍する仮面ライダービルドは記憶の断片として『ガスマスクの男』、『コウモリ男』に何かいかがわしいことをされたことのみ覚えている。具体的に何をされたかは覚えていないっぽいです。これから思い出すんでしょうか。だいたい1話のあらすじとわかったのはこれくらいでしょうか。
あとは人間関係でしょうか。戦兎を拾ってくれた喫茶店のマスターとその妹、記者さんに犯罪者。あとは悪者っぽい人たちと、こんなとこです。

設定がスゴイ

火星に行ってる時点で未来でしょうが、日本が割れるほどの壁が出てきて、3つの独立国家になる、ってぶっ飛んでますね❗️💦
 
すごく先が知りたくなる設定です。
 
壁がどうなるのか、仮面ライダーがいる東都以外の西都・北都はどうなってるのか、物語にどう関わってくるのか、
息子さんよりも興味出てます❗️

 

ビルドの能力

スマッシュを倒し、その能力をフルボトルに吸収して新たな能力開発をして戦っていく模様。


変身シーンはそのフルボトルと呼ばれるシャボン玉の容れ物みたいなのをシャカシャカと振って(振るからフルボトル⁉️)ベルト(ビルドドライブ)に装着させて変身する。
 
画像にあるようにプラモデルのランナーが出てきて、戦兎に前後からランナーが合わさると変身です。あ、ランナーはプラモデルの周りの部分の捨てるとこです。

 

科学者らしい演出も・・・

フルボトルをシャカシャカしてるときに数式が流れ出ていく様子や、決め技のボルテックフィニッシュでは数式なのかグラフのような(僕に学がないのでわからないです)曲線に沿ってのキックで、科学者らしさをアピールしてます。

 
・・・今の所I.Qが高いところや、科学者っぽいところは見られず、天然っぽい好奇心旺盛な青年という印象ですが。(個人の感想です)
好奇心が湧いてくると寝ぐせが立つ演出とか。
わかりやすくしてるのでしょうね。
 
フルボトルもすごくたくさんの種類が出そうですね。
基本の赤と青の姿は戦車とウサギ(兎)の組み合わせです。
だから戦兎❓
 
1話ではビルドの初登場シーンで吸収した能力、ハリネズミがお目見えしました。

 

前作も面白かったです

子どものときの仮面ライダーブラック以降、仮面ライダーから遠ざかっていた僕ですが、前作のエグゼイドから復帰。息子さんが興味を持ったからですが。

 
エグゼイドは意外と面白かったです。
 
初めは見た目がカッコ良く思えなかったのですが、毎回見ていくとストーリーに引き込まれ、スゴくカッコ良く見えてくるから不思議です。

 

最後に

子どものときはなんとなく戦闘シーンが好きで見ていたのだと思いますが、ストーリーを理解すると面白い。というか、子どもは理解できるのかな❓

またビルドも息子さんが見る限り、一緒に見ていきます。
今後も見るかは試験段階です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました