マキタのコードレス掃除機を買ってみました。使ってみました。

家電製品

どうも、yocchy です。
 
家の掃除機が古くなって、ご臨終寸前でしたので、完全に臨終するまえにいろいろ検討しまして・・・主にコスパですが、マキタのこの『CL107FDSHW』に決めました❗️

価格.comが好きなので、ほぼその売れ筋ランキングの影響ですが💦

 
もちろんダイソンも候補に上がりましたが、
なんせ高い。掃除機の価格革命を起こしてくれやがりましたね。まさに黒船。

 

・・・そうです。今回の掃除機はダイソンが日本に上陸する前に買い替えたっきりですので、10年くらいぶりの購入でしょうか。

 

そんなこんなで早速使ってみましたが、
僕なりに良かったところ、悪かったところなどをご紹介したいと思います。

稼働時間

標準モードで最長25分。
強モードで12分
パワフルモードで10分

これは現在のコードレス掃除機では長い方だと思います。
ダイソンの最新機種は60分(5万円)ですが、一つ前の機種は30分だったと思いますし、比較しましてもコスパは良いです。

充電時間

22分。

短っ‼️

ダイソンは充電完了までに3.5時間かかることを考えたら気持ち的にありがたいです。

バッテリーを本体から外して、充電器に装着して充電するタイプです。簡単に付け外しできます。

買って良かったところ

・軽い

・ヘッドが薄くて掃除がしやすい

・安い

・お手入れいらず

・使いたい時にすぐに使える

何がいいって、軽くてゴミが気になった時にサッとお手軽に掃除機がかけられることです。

この軽さもマキタの強みでしょうね。

ゴミは紙パック式なので、ランニングコストはかかりますが、Amazon等の通販でまとめて安く買えますし、細部の手入れやお掃除もしなくていいのは面倒くさがりの僕には合っていると思いました。

また、充電時間も短いので、使いたい時に電池切れしていても、すぐにちょこっと充電して使えるところもありがたいです。

不満なところ

・標準では吸引力が弱い

・ヘッドがチープ

・ゴミの溜まり具合が分かりにくい

吸引力は弱め❗️ウチはほぼフローリングオンリーなので大丈夫かもしれないのですが、絨毯やラグを使用しているご家庭では使いづらいと思います。

ヘッドも見て貰えば分かりますが、ちっちゃい車輪しかついてない。

なので、吸い込みに関してはアシストなしです。

コンパクトな分、隙間の掃除はしやすいですが、初めて見た時は驚きました。

総評

買って良かったと思います。

今までのコード式には戻りたくないと思います。

安いし、費用対効果は抜群で

掃除機がけをしたくない僕でも、休みの日はサラッとかけてます。

はじめだけにならないようにしたいです。

また潰れるまで使って、耐久性が良ければ

次もマキタを買いたいと思います❗️

ダイソンはしばらくオアズケです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました