NBA2K20 体験版の感想と製品版への期待

NBA2K20

どうも、yocchy です。

まずは待ちに待った NBA2K20 の体験版です❗️
8月21日という情報があったり、アメリカ時間の0時配信だから、時差の関係で夕方4時くらいからダウンロードできるのか⁉️

などなど、相当に振り回されたあげく、
ダウンロード後も自分の分身、マイプレイヤーを作成するまでに30分以上もさらにダウンロードする為の時間が必要⁉️

なんて焦らされるんだ💦

2KU

ゴールデンステート・ウォリアーズ(Golden State Warriors)のクレイ・アレキサンダー・トンプソン(Klay Alexander Thompson)を操り、オフェンスの練習モードです。
 
さすがにシュートがよく入ります❗️
 
 
19−20シーズンは左膝の前十字靱帯断裂という重傷の為、全休と言われていますので、2Kで思う存分動かしてください。
 
ちなみにウチのSOさんと誕生日一緒です。

 
NBAプレイヤーになって欲しい。

マイプレイヤー作成

やっとの思いでしたが、自分なりにカッコいいキャラを作るのは、やはりワクワクしますね。

グラフィックも年々リアルに写真に近くなってきていまるように感じます。

パーツやタイプ別の種類も増えて、個性を作りやすくなりましたね〜。

フェイススキャンもできるのですが、毎年諦めております💦

気になるビルドは

今回のプレイタイプを分けるビルド決定は前作と比べると細分化されたように感じました。

プレイヤーのポジションを決めると、もう戻れません💦

大きく分けるとインサイド・アウトサイド・パス・ディフェンスと4つのタイプとバランスタイプなどに分けられ、そこからフィジカル(ジャンプ力・当たり強さ・スピード)を決めます。
 
そして、ポジション・タイプから2種類のビルドのどちらかを決定します。
 
 
大体こんな感じですが、体験版では5人までしか作れませんでした。(プレイ時間も関係しているのでしょうか❓)
それ以降はこのような画面になり、

もう買うしかないです❗️💦

今回の体験版はここが違う

上にも書いたように、作れる人数が5人に増えたのはありますが、ストーリーを体験できません。

作ったマイプレイヤーがトロント・ラプターズ(Toronto Raptors)の一員となり、ゴールデンステート・ウォリアーズ(Golden State Warriors)と1試合対戦します。

それで終わっちゃいます💦
 
 
しかし、自身が作ったプレイヤーの上限値を試すことができます❗️
これはすごく励みになります❗️
 
1クォーターあたり5分なので、20分で見極めねばなりませんが💦
 
もちろん、自分で上限の能力値99まで育ててナンボでしょ❗️
という方も低い能力値でプレイできますし、低い能力値と高い能力値の違いを感じることもできます。

 
もちろんバッジも付け替えもできます。

 
もうちょっと作れる人数が多かったらなぁ
と思いますが。

個人的に前作でプレイヤーメイキングに失敗したと感じましたので、製品版を手にしてからも、後悔しないように自身が扱いやすくて、やってて楽しいプレイヤーを作れるように、検証したいと思っております。
 
ではまた製品版をプレイしてからアップしたいと思いますので、皆さんも良い2Kライフを❗️

コメント

タイトルとURLをコピーしました