NBA2K20 マイキャリア(MyCAREER)スポンサー契約の交渉・駆け引きの考察

NBA2K20


 
どうも、yocchy です。

シューズブランド・Gatorade(ゲータレード)・Beats(ビーツ)等とスポンサー契約ができる今作。

前作同様、ファンの数に比例してスポンサーランクも上がっていく仕組みです。

シューズブランド

メインスポンサーとなるシューズブランドは
ジョーダンブランド・ナイキ・アディダス・アンダーアーマーそして今作からプーマも参戦し、5社になりました❗️

マイキャリアのストーリーの段階でシューズブランドを選ぶことになるのですが、すごく迷った末、僕はジョーダンブランドにしました。

交渉の目標

たまたまうまくファンの数がまとまって獲得できた時に、リセットをあまりかけずに交渉できました。

画像は Gatorade からの案件ですが、僕はインセンティブ重視で考えておりますので、

インセンティブ > 1イベント > ストアディスカウント

というようになるよう交渉しました。

スポンサーの意向

スポンサー的にはインセンティブが一番価値が高く出したくないように思えました。

最大5までインセンティブが付けられますが、ランクが低いうちは絶対に通らない要求ですし、試しにやってみるとスポンサー側に悪印象を与えてしまいます。
イベント出演料や、ディスカウントも同様です。
求めすぎるとうまく行かないです。

駆け引き

僕はインセンティブを3つ欲しかったので、
それを第一に考え、イベント出演料とディスカウントを減らしていきました。

ディスカウントは全くいらなかったので、0にしました。

そうすると3回目でうまくいくようにリセットを繰り返すと、
大体のラインですが、
 
1イベント 1000VC
インセンティブ 3
ディスカウント 0

 
この辺りが限界値になりました。
 
 
インセンティブを減らすとイベント出演料や、ディスカウントに回せると思いますので、
1度試してもらえたらと思います。

あくまでも契約する意思を見せつつ、ふっかけ過ぎず、ちょっと多いくらいに要求を出し、3回目で決めるというところがコツでしょうか。

うまくいかなくて契約できなくても、LINE画面のようなやり取り中で、読み込みに入る前であれば、ゲームを終了して再度起動すると、交渉の直前から再開できます。


 
ランクが上がり、交渉が2回目になればインセンティブを5つ付けることができました。
 
その時は
 
1日イベント 1575VC
インセンティブ 5
ディスカウント 0

でした。
 
インセンティブを3つにすると
 
1日イベント 4475
インセンティブ 3
ディスカウント 0

 

 
 
ブランドによっては多少上限が変わりますが、またランクが上がれば条件ももっと良いものにもなりそうです。

※上記は Gatorade で試みた結果です。
ジョーダンブランドではインセンティブ3の場合、1日イベントは4700まで上限が上がりました。
 
引き続き、検証していきます❗️

コメント

  1. へいほ より:

    シューズブランドの交渉1回目失敗してしまって、そのままロードが終わってしまったんですけど、また交渉ってきますか?

    • yocchy より:

      へいほさん
      僕は交渉が決裂した場合、ロードされる前にリセットしていたので、確かなことはわからないのですが、
      1回目が決裂してもファンが増えれば、また再度交渉オファーは来るものと思います。

      最終的にはVCは余ると思いますので、重く考えずに次にいっちゃっても大丈夫と僕は思っています。

タイトルとURLをコピーしました